刑事訴訟法のよくわからないところ

刑事訴訟法の勉強中によくわからなかったことがあったため、ブログに書いていきます。 刑事訴訟法判例百選 第10版〈別冊ジュリスト232号〉 作者: 井上正仁,大澤裕,川出敏裕 出版社/メーカー: 有斐閣 発売日: 2017/05/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) こ…

『債権法改正対応民法択一問題集』を買いました。

債権法改正に関するいい問題集を見つけたので、ブログで報告します。 債権法改正でどこが変わったかを理解するためには、問題集を解くといいと思うのですが、そのなかでも、僕が見つけたものは、『債権法改正対応民法択一問題集』(商事法務)です。 債権法改…

法学入門(5)

いわゆる上三法の紹介を終えましたが、今回から、いわゆる下四法(商法、民訴法、刑訴法、行政法)の入門のための本を紹介していきます。 これらの法律科目は、おおむね大学の3年生の科目に配当されていることが多いのですが、大学の新入生が読んでも問題なさ…

中川孝博著『刑事訴訟法の基本』を購入しました

中川孝博著『刑事訴訟法の基本』を購入しました。内容についてこのブログで紹介していきます。 刑事訴訟法の基本 作者: 中川孝博 出版社/メーカー: 法律文化社 発売日: 2018/04/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る

アマゾンのほしいものリストを紹介します。

アマゾンのほしいものリストを公開します。 このようにほしいものリストを公開するに至ったのは、私はこれまで法科大学院で法律の勉強をしてきて、本を多く読み、本を多く購入してきたのですが、やはり一人の資金では法科大学院で学ぶ上での重要な書籍の購入…

平成29年度重要判例解説を買いました

平成29年度重要判例解説が発売されたので紹介していきます。 重要判例解説はその年になされた学術的に重要な判決をまとめ、判例百選と同様の体裁で判決がまとめられたものです。 平成29年度重要判例解説 (ジュリスト臨時増刊) 出版社/メーカー: 有斐閣 発売…

映画『裁き』を観ました

久しぶりの更新になってしまいました。 今回は最近見た映画『裁き』(原題:court)の感想を書いていきます。 裁き [DVD] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2018/03/02 メディア: DVD この商品を含むブログを見る この作品のあらすじは、民謡歌手ナー…

法学入門のための本の紹介(4)

今回は法学入門のための本の紹介として、刑法の入門書を紹介していきます。刑法は大きく結果無価値と行為無価値の二つの考え方に分かれるため、どちらの学説が好きかによって本の好みがわかれると思います。ただ、基本的な考え方はどちらの立場によっても変…

法学入門のための本の紹介(第3回)

今回は法学入門として、民法入門のオススメの本を紹介していきます。ただ、民法は昨年改正法が成立しましたので、古い本はお勧めできませんそのため、あたらいい本の中から1冊おすすめします。 また、民法は大きく財産法と家族法に分かれていますので、どう…

法学入門のための本の紹介(第2回)

では、法学入門のための本の紹介の第二回として、今回は、憲法の入門書について書いていきます。 といっても、憲法は、基本的には小中高の時に、公民、政経で習うものですから、入門にあたって、本を読むということはあまり必要ないのかもしれません。 しか…

法学入門のための本の紹介(第1回)

大学では新学期が始まる頃になりましたので、法学の入門書について紹介していきます。 主要7科目すべてと法学入門を一つの記事で書くと読みにくくなってしまいますので、何度かに分けて更新していきたいと思います。 今回は法学入門でオススメの本は何かとい…

司法試験の解説についてのメモ

9月12日に司法試験の結果発表があったので、メモとして、司法試験の問題の解説がどこにあるかを書いていきます。

六法の種類を紹介

前回の更新からかなり間隔があいてしまいました。 この間に期末試験や帰省があり、更新できていませんでした。 さて、今回は平成30年度版の六法が発売される頃になってきたので、六法(法令集)について書いていきます。おそらく、六法といえば六法全書を思い…

「暴政――20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン」を読みました

お久しぶりです。期末試験などの関係で、久しぶりのブログ更新になってしまいました。期末試験明けに本を読んでみたので、感想を書いていきます。 今回読んだ本はティモシー・スナイダー著 池田年穂訳『暴政――20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン』(慶應義塾大学…

『バルカンー「ヨーロッパの火薬庫」の歴史』を読みました

久しぶりのブログの更新となってしまいました、私は、暑さでダウンしてしまう日が多々あって大変です。 今週読んだ本はマーク・マゾワー著『バルカン―「ヨーロッパの火薬庫」の歴史』(中公新書)です。 バルカン―「ヨーロッパの火薬庫」の歴史 (中公新書) 作…

『ぼくの村は壁で囲まれた』を読みました

7月になり夏らしくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。暑苦しくて、気分が滅入るときもありますが、本を読みながら、気ままに過ごしています。 さて、今日僕が読んだ本は、高橋真樹 著『ぼくの村は壁で囲まれた―パレスチナに生きる子供たち』(現代…

会社法務入門〈第4版〉を読みまし

本格的に梅雨の季節となり雨が多い時期になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。私は今日も本を読んでいます。『会社法務入門〈第4版〉』(日経文庫)を読みました。 会社法務入門<第4版> (日経文庫) 作者: 堀龍兒,淵邊善彦 出版社/メーカー: 日本経済…

『人間はどこまで動物か』(岩波新書)を読みました

そろそろ梅雨入りとなりそうですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。 今週は、アドルフ・ポルトマン著、高木正孝訳『人間はどこまで動物なのか』(岩波新書)を読みました。(法学関係以外の本を久しぶりに読んだような気がします) 人間はどこまで動物か――…

取締役の法律知識〈第3版〉を読みました

久しぶりのブログ更新になります。ここ2週間ほど土日が忙しくて、更新できなかったのです(と、言い訳してみる)。 今週読んだ本は、中島茂著『取締役の法律知識〈第3版〉』(日経文庫)です。 取締役の法律知識(第3版) (日経文庫) 作者: 中島茂 出版社/メー…

ホームレス―ニューヨークと寝た男―

映画を見に行ってきました。 見た映画は、「ホームレス―ニューヨークと寝た男―」です。 映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』オフィシャルハンドブック 作者: ミモザフィルムズ 出版社/メーカー: 青幻舎 発売日: 2017/02/14 メディア: 単行本(ソフトカ…

『刑事訴訟法判例百選〔第10版〕』を購入しました。

『刑事訴訟法判例百選〔第10版〕』(有斐閣)を購入しました。 そのため、9版と変わった判例がないか少し見てみました。以下、感想などとともに、何がどう変わったのか書いていきます。 刑事訴訟法判例百選 第10版〈別冊ジュリスト232号〉 作者: 井上正仁,大…

『プライバシーなんていらない!?』を読み終えました。

最近あたたかかくなってきましたが、みなさんはどうお過ごしでしょうか? 私は司法試験の勉強をしながら、本を読んだりしています。 今週はダニエル・J・ソロブ著『プライバシーなんていらない!?』(勁草書房)を読み終えました。ですので、感想を書いていき…

『転回期の政治』を読みました

『転回期の政治』(岩波文庫)読みました。 転回期の政治 (岩波文庫) 作者: 宮沢俊義 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2017/04/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る

ブログをはじめました

ブログをはじめました。 私(法科の趣味人)はよく本を読むのでその紹介を読者様にしたい、私が本の内容を忘れないため、備忘録にしたいとの思いで、ブログをはじめてみました。 ふらりと立ち寄って、気になった本があれば読んでいただけると幸いです。 紹介…