感想

中川孝博著『刑事訴訟法の基本』を購入しました

中川孝博著『刑事訴訟法の基本』を購入しました。内容についてこのブログで紹介していきます。 刑事訴訟法の基本 作者: 中川孝博 出版社/メーカー: 法律文化社 発売日: 2018/04/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る

平成29年度重要判例解説を買いました

平成29年度重要判例解説が発売されたので紹介していきます。 重要判例解説はその年になされた学術的に重要な判決をまとめ、判例百選と同様の体裁で判決がまとめられたものです。 平成29年度重要判例解説 (ジュリスト臨時増刊) 出版社/メーカー: 有斐閣 発売…

映画『裁き』を観ました

久しぶりの更新になってしまいました。 今回は最近見た映画『裁き』(原題:court)の感想を書いていきます。 裁き [DVD] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2018/03/02 メディア: DVD この商品を含むブログを見る この作品のあらすじは、民謡歌手ナー…

「暴政――20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン」を読みました

お久しぶりです。期末試験などの関係で、久しぶりのブログ更新になってしまいました。期末試験明けに本を読んでみたので、感想を書いていきます。 今回読んだ本はティモシー・スナイダー著 池田年穂訳『暴政――20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン』(慶應義塾大学…

『バルカンー「ヨーロッパの火薬庫」の歴史』を読みました

久しぶりのブログの更新となってしまいました、私は、暑さでダウンしてしまう日が多々あって大変です。 今週読んだ本はマーク・マゾワー著『バルカン―「ヨーロッパの火薬庫」の歴史』(中公新書)です。 バルカン―「ヨーロッパの火薬庫」の歴史 (中公新書) 作…

『ぼくの村は壁で囲まれた』を読みました

7月になり夏らしくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。暑苦しくて、気分が滅入るときもありますが、本を読みながら、気ままに過ごしています。 さて、今日僕が読んだ本は、高橋真樹 著『ぼくの村は壁で囲まれた―パレスチナに生きる子供たち』(現代…

『人間はどこまで動物か』(岩波新書)を読みました

そろそろ梅雨入りとなりそうですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。 今週は、アドルフ・ポルトマン著、高木正孝訳『人間はどこまで動物なのか』(岩波新書)を読みました。(法学関係以外の本を久しぶりに読んだような気がします) 人間はどこまで動物か――…

ホームレス―ニューヨークと寝た男―

映画を見に行ってきました。 見た映画は、「ホームレス―ニューヨークと寝た男―」です。 映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』オフィシャルハンドブック 作者: ミモザフィルムズ 出版社/メーカー: 青幻舎 発売日: 2017/02/14 メディア: 単行本(ソフトカ…

『刑事訴訟法判例百選〔第10版〕』を購入しました。

『刑事訴訟法判例百選〔第10版〕』(有斐閣)を購入しました。 そのため、9版と変わった判例がないか少し見てみました。以下、感想などとともに、何がどう変わったのか書いていきます。 刑事訴訟法判例百選 第10版〈別冊ジュリスト232号〉 作者: 井上正仁,大…

『プライバシーなんていらない!?』を読み終えました。

最近あたたかかくなってきましたが、みなさんはどうお過ごしでしょうか? 私は司法試験の勉強をしながら、本を読んだりしています。 今週はダニエル・J・ソロブ著『プライバシーなんていらない!?』(勁草書房)を読み終えました。ですので、感想を書いていき…

『転回期の政治』を読みました

『転回期の政治』(岩波文庫)読みました。 転回期の政治 (岩波文庫) 作者: 宮沢俊義 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2017/04/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る